『コード・ブルー』~ドクターヘリ緊急救命 2017夏ドラマ 感想 ネタバレ

『コード・ブルー』~ドクターヘリ緊急救命 感想 ネタバレなどを各回ごとに書いています。

スポンサーリンク

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 9話 

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 9話 
フジ 火曜夜9時

f:id:max2111:20170609231726j:plain

 

出典 http://www.ktv.jp/crisis/index.html

国家を揺るがす規格外の事件に立ち向かう、
規格外の男たちの活躍を描く!

テロリスト、政治家、新興宗教、軍事スパイ…
相手は想像をはるかに超える脅威ばかり。

刻々とタイムリミットが迫る中、
驚がくの展開が息つく暇もなく繰り広げられる!

9話

「あなたの力でこの国を変えてみませんか」と教会で謎の男に声をかけられた田丸(西島秀俊)。

林(眞島秀和)の一件で国家への信頼が薄れかけていた田丸は、心を揺さぶられる。

一方、稲見(小栗 旬)は自衛隊時代の同期で、当時仲の良かった結城雅(金子ノブアキ)が二週間前に突然姿を消し、捜査対象になっていると聞かされる。

鍛治(長塚京三)から、結城が現れたらすぐに連絡するよう命じられる稲見。

するとその日の夜、結城が稲見の前に姿を現す。

久々の再会を喜び、互いの近況を話し合う2人だったが、「俺はゆがみきった世界を正すつもりだ」という結城の言葉に、稲見はかつて国のために活動を共にした仲間が何らかの理由でテロを計画していると察知。

警戒心を強める。

そして、2人の間に不穏な空気が流れるなか、結城は手を組まないかと稲見を誘う。

翌日、結城が起こしたある行動により、特捜班は正式に結城逮捕の任務を与えられる。

しかし、相手は優秀な特殊部隊員。稲見をオトリにした作戦を実行するも、そう簡単に姿を現さない。

このままでは埒(らち)があかないと踏んだ稲見は、鍛治の元を訪ね、結城が自衛隊を抜け出した理由、そして彼の標的を教えてほしいと頼む。

しかし、鍛治はかたくなに口を閉ざし、もし結城が銃口を向けてきたら、ためらわずに国家の秩序のために射殺するよう稲見に命じて…。

その頃、内閣総理大臣の岸部正臣(竜雷太)は、アメリカに留学している息子の大介が帰国したがっていると聞き、渋い表情を浮かべていた――。