『コード・ブルー』~ドクターヘリ緊急救命 2017夏ドラマ 感想 ネタバレ

『コード・ブルー』~ドクターヘリ緊急救命 感想 ネタバレなどを各回ごとに書いています。

スポンサーリンク

IQ246~華麗なる事件簿~第7話の感想

IQ246~華麗なる事件簿~第7話の感想
TBS 11.27 日曜夜.9時

 

f:id:max2111:20161224232952j:plain

出典 http://www.tbs.co.jp/IQ246/

視聴率は10.0%とまあまあこれくらいかなというところです。

 

Story

これまで沙羅駆(織田裕二)が解決してきた一連の事件の元凶で、『13』と名乗っていた、『M』こと、犯罪の黒幕“マリア・T”。

その“マリア・T”が監察医の森本朋美(中谷美紀)に成りすましていたことが判明。

姿を消した彼女追う沙羅駆と賢正(ディーン・フジオカ)は入手した朋美のパソコンから経度と緯度を示す数字の羅列を見つける。

それが“マリア・T”からの何らかのメッセージだと考えた沙羅駆は奏子(土屋太鳳)や賢正と共にその羅列数字が示す地点にあるテレビ局の撮影スタジオへと向かう。

沙羅駆らが訪れたTVスタジオでは若手女優の千草あやめ(佐野ひなこ)が主演を務めるTVドラマ『麗しの探偵』の撮影が行われていた。

あやめは現在人気女優としてブレイク中で、スクープを狙うマスコミから常に追われる身だったが、その一方で同じドラマの犯人役を演じる女優・美園麗子(山口紗弥加)は狙っていた主演の座をあやめに奪われ、一世風靡したかつての人気も陰を潜めていた。

そんな二人が水面下で新旧女優バトルを繰り広げる中、スタジオ内を見て回っていた沙羅駆たちは“マリア・T”が何かを仕掛けているはずだと手がかりを探し回るのだが、徒労に終わる。

ところがその夜、警察に「美園麗子を殺した」という通報があり、事件を聞きつけた沙羅駆たちは“マリア・T”が関わっていると察し現場へ急行する。

すると事件の被害者は通報とは異なり、何故か麗子の装いをしていたあやめだった。

事件の夜、あやめは自分をマークするマスコミの追跡を巻くため、麗子とお互いに衣装や車を交換してスタジオから帰宅したのだった。

麗子が近頃、ストーカーから脅迫されていたことが判明し、現場の状況からあやめは麗子のストーカーに麗子と間違われて殺害されたと判断されるのだが……。

沙羅駆は麗子の動向に興味を抱き始める。